タワーマンションの売買|計画を立てることが大切|不動産の購入や売却
戸建て

計画を立てることが大切|不動産の購入や売却

タワーマンションの売買

説明

タワーマンションの今後の展望

消費税増税の駆け込み需要で戸建てもマンションも大きな需要を生み出しましたが、反動も激しく、一年余り経つのに依然として市況が回復していません。しかしながら都心のタワーマンションに限っては売れ行きが順調で、今後の計画も目白押しです。都心のタワーマンションが売れている理由は日本が株式の上昇や三大都市圏に限っては不動産価格の上昇が見られ、資産価値の上昇の恩恵を受けた富裕層の実需があります。また、グローバル化の進展により海外マネーが入ってきており、海外の投資家のタワーマンションの購入も顕著になっています。こうした傾向は今後もしばらく続くと思われますので、少なくとも東京オリンピック・パラリンピックの開催される2020年までは強気の見通しが主流になっています。

購入する際に注意すべき点

都心のタワーマンションを購入する際にも注意する必要があります。現在のタワーマンションが湾岸地区に建設されている物件が多いからです。東日本大震災以降、東海大地震、東南海大地震、首都直下型大地震などの発生が懸念されています。もちろん現在建設されたタワーマンションは地震対策を十分施していますので、倒壊というような心配はありませんが、電力や水などの問題にどう対応するかということは問題になりそうです。自家発電設備を設置したり備蓄倉庫を用意したりと個別にそれぞれが対応しておりますので、事前によく調べてから購入の可否を決める必要があります。上層階の方が眺望という面では優れていますが、何かあった時の不便さも上層階の方が大きくなる可能性があります。